« ○○通算は、サラリーマンの味方となる! 不動産投資の良いところ、いろいろあります。 | トップページ | マナーの悪い入居者への対応法 即対応が大事です。 »

私の家賃設定の方法を公開します! 色々考えて、自分で決定していこう!

家賃を設定する際は、不動産業者、管理会社の言いなりになる必要はないです。

大家は最終決定権者です。自分の信念で自信を持って行動しましょう。

管理会社は、あなた以外のオーナーのお部屋を数多く扱っています。あなたにかけられる時間は多くないかもしれません。管理費の金額で優先順位を決めている可能性も大です。

また、入居を中々決められないときのエクスキューズに使います。家賃が高いから、入居が決まらない。もっと下げるべきだ、とか。

しかしながら、大家が相場とかけ離れた家賃設定をすることは、このご時世ではご法度です。
お部屋の入居を決める最大要因は、ズバリ「家賃」です。


「○○区 家賃相場」というキーワードで検索すれば、おおよその家賃相場がわかります。物件のスペックと照らし合わせて家賃を決めていきましょう。家賃を高めに設定して、反応が悪い場合は即刻、下げるという柔軟な対応でも良いと思います。

具体的な家賃の設定ですが、自主管理している私の場合、例えば、

A)家賃 79,000円、管理費 5,000円、合計 84,000円

とかで募集をかけます。家賃を低めに設定して、管理費を設け、合計金額を上げるのです。

B)家賃 84,000円、管理費 0円、合計 84,000円

B)と比べて、合計は同じでも、A)の方が見た目低く感じませんか?

あと、人間の脳は、奇数の方を偶数と比べて、より低く安く感じるようです。このこと応用して、家賃、管理費はA)のように、なるべく奇数にすると良いでしょう。

また、A)の場合、入居者が80,000円以下の家賃で探して、ネット検索してもヒットしてきます。B)ではヒットしません。多大な機会損失となってしまうのです!

初期設定に敏感な入居者が増えています。引っ越しなど出費がかさみますからね。
私ならば、礼金ゼロ、敷金1か月(この場合79,000円)で募集します。

最初の入居のハードルは下げて門戸を開き、入居が決まったら、その方に長く入居してもらうことが、安定した賃貸経営の要諦なのです。

 

■ 今日の教訓!

  1. 家賃は、相場と物件のスペックとを照らし合わせて設定すべし。
  2. 家賃は低めに設定し、管理費を設けて合計金額を上げるという方法も有効。
  3. 敷金・礼金を下げて入居のハードルを低くし、門戸を開きましょう。

« ○○通算は、サラリーマンの味方となる! 不動産投資の良いところ、いろいろあります。 | トップページ | マナーの悪い入居者への対応法 即対応が大事です。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166599/64197759

この記事へのトラックバック一覧です: 私の家賃設定の方法を公開します! 色々考えて、自分で決定していこう!:

« ○○通算は、サラリーマンの味方となる! 不動産投資の良いところ、いろいろあります。 | トップページ | マナーの悪い入居者への対応法 即対応が大事です。 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ