« 学校では教えてくれないビジネスの真実 フロービジネスからストックビジネスへの移行 | トップページ | 信金の金利が下がりました!そこで各銀行融資金利を公表します! やはり株より不動産は安定していますね。 »

民泊解禁!? 今後の行方は? もう、どうにも止まらない~

先週、BSテレビの報道ニュース番組に出演してコメントさせていただきました。

テーマは、「民泊解禁 今後の行方は?」です。

民泊マッチングサイト運営会社、民泊運営代行会社、民泊運営者(個人、法人)、不動産オーナーが、それぞれの立場でコメントをする形です。

私は、不動産オーナーの立場からコメントさせていただきました。

番組の内容はさておき、今日は活況を呈している「民泊」について書きたいと思います。

まず、世界的な趨勢ですが、背景として、シェアリングエコノミー(欧米を中心に拡がっている概念で、ソーシャルメディアの発達により可能になったモノ、お金、サービス等の交換・共有により成り立つ経済のしくみのことを指す。)の隆盛があります。

この動きは、ソーシャルメディアの後退はいまや考えられないので、もうどうにも止められないでしょう。

民泊は、もちろんこの部類にはいります。

その他のビジネスとして、移動ニーズのある利用者とドライバーをマッチングさせるサービス、使用していない自家用車を借りることができるサービスなどがあり、今後新しいシェアリングビジネスがどんどん出てくるでしょう。

ニューヨークでは、いまやイエローキャブに乗らずに、マッチングサイトによる配車サービスでの利用者が半数以上とのデータもあります。

この趨勢に、日本だけ逆らい続けることはもはや無理があるように感じます。

民泊においては、オリンピックが開催される2020年には、10,000室の部屋不足が試算されています。すでに現在、東京では宿泊施設が足りないという状況で、以前6000円くらいで泊まれたビジネスホテルが数万円に跳ね上がっているという話も聞きます。

このような状況を鑑みて、政府の方針として、2017年、新法の整備を行い、規制緩和していくという方向がほぼ決定しております。

法が整備されれば、大手が参入してくることは必至ですので、また新たな熾烈な競争が勃発することでしょう。

それまでに、準備しておくか、何もしないかは、あなた次第です。

http://www.rakumachi.jp/news/archives/129242

■今日の教訓!

新しいビジネスの流れ、それに乗るか、乗らないかはあなた次第。

« 学校では教えてくれないビジネスの真実 フロービジネスからストックビジネスへの移行 | トップページ | 信金の金利が下がりました!そこで各銀行融資金利を公表します! やはり株より不動産は安定していますね。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166599/63182116

この記事へのトラックバック一覧です: 民泊解禁!? 今後の行方は? もう、どうにも止まらない~:

« 学校では教えてくれないビジネスの真実 フロービジネスからストックビジネスへの移行 | トップページ | 信金の金利が下がりました!そこで各銀行融資金利を公表します! やはり株より不動産は安定していますね。 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ