« おとり広告にご用心!! メディア・リテラシーを高めよう! | トップページ | 2016年2月1日 小谷真生子キャスターのテレビ番組「日経プラス10」BSジャパンにて、「民泊」についてコメントさせていただきました。 »

満室経営維持の秘訣とは。。。 不動産会社からのうれしいメール。

2015年、最後の投稿となります。今年も1年大変お世話になりました。ありがとうございます。来年もどうぞよろしくおねがいいたします。

11月末、退去となり空室となったお部屋(2DK 和室、洋室)ですが、某社の壁紙のプロモーションに協力させていただき、なんの変哲もない無地だった和室の壁紙を、この写真(実際のお部屋の写真です)のように素敵なアクセントクロスを施していただきました。

そのおかげか、今月早々お申し込みをいただき、再び満室稼働となりました。駐車場も含めて、全棟満室稼働です。良いお正月が迎えられそうです!

私は自主管理をしていますので、入居者募集案内なども自分で作成しています。そしてその送付は、すべてメールで行っています。以前は、ファックスや電話で行うしかなかったと思うのですが、インターネットのおかげでメールでワンクリックで行うことができます。とても便利な世の中です。

なので、マイソクとかは作ったことがありません。メールに、空室の募集の条件、部屋の特徴、周辺環境、上記のような部屋の写真の添付、現地の鍵の場所、他所有物件の空き状況など、詳細に明記して各社にメールで一斉に送ります。

先日、このお部屋の賃貸契約書押印のため、不動産会社の担当者と会いました。この会社は渋谷区代々木にあります。

聞くところによると、代々木駅周辺という好立地でさえも、長期間空室を抱えて悩んでいる大家さんが多いとのこと。

「自主管理で満室経営をしている小林さんは大家の鑑ですねー」とお世辞を言われました。

私としては、当たり前のことを、地道にコツコツとやっている、という認識しかないのですが。

そんななか、お申し込みが入り満室となった旨の連絡メールを各社に送ったところ、数社からお返事をいただきました。その中で、一番うれしかったメールを下記します。

 

小林 弘司 様
いつも空室のご連絡を下さいまして、誠に有難うございます。
○○駅南口 ○○商事の担当:○○と申します。
この度は、満室になったとのことで、大変おめでとうございま
した。
小林様の、非常に分かりやすく欲しい情報が一目でわかる
メール文章と、綺麗なお写真があったからこそだと思います。
今回は、お役に立てませんでしたが今後とも頑張らせて頂き
ますので、空室情報がございましたら、どうぞ宜しくお願い致し
ます。

 

 

■今日の教訓!

満室稼働維持の陰には、地道にコツコツという作業あり!

http://www.rakumachi.jp/news/archives/123484

« おとり広告にご用心!! メディア・リテラシーを高めよう! | トップページ | 2016年2月1日 小谷真生子キャスターのテレビ番組「日経プラス10」BSジャパンにて、「民泊」についてコメントさせていただきました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166599/62953486

この記事へのトラックバック一覧です: 満室経営維持の秘訣とは。。。 不動産会社からのうれしいメール。:

« おとり広告にご用心!! メディア・リテラシーを高めよう! | トップページ | 2016年2月1日 小谷真生子キャスターのテレビ番組「日経プラス10」BSジャパンにて、「民泊」についてコメントさせていただきました。 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ