« 2015年度の税金対策、まだ間に合います! 国の制度ゆえか知られていない「小規模企業共催制度」を使った節税について。。 | トップページ | 満室経営維持の秘訣とは。。。 不動産会社からのうれしいメール。 »

おとり広告にご用心!! メディア・リテラシーを高めよう!

いつも読んでいただきありがとうございます!

12月25日に、仕事納めの方もいらっしゃったかと思います。1年間お疲れ様でした。

私は、約1か月間体調が悪かったのですが、やっと復活したようです。体調が悪い時にいつも思うのは、本当に「健康第一」ということです。体調が悪いと仕事の生産性も落ちますし、そんな自分にイライラします。身体も頭も働かない。そんなダラダラした生活をしていても、不動産は文句も言わず稼いでくれます。そういう時に、不動産オーナーになって良かったとも、つくづく思いますね。

 

先日、自宅に1通の封書が郵便で届きました。開くと、所有しているアパートの地番が書かれていて、この不動産を真剣に購入したい人が居ます、至急XX宛に連絡くださいと書かれていました。送付元は、聞いたことがない不動産会社です。

私は、インカムゲイン狙いで、当面、所有物件を売るつもりはないのですが、そんな熱心な買い手が本当に居るのかと思い、一体いくらで買いたいのだろうと興味が湧き電話をしてみました。

すると、記載されていた担当者が出て

「どこの物件でしょうかー?」と、的を得ていない返答です。

あ、この会社は、登記簿を見て、オーナーの住所を調べて、やみくもに各オーナー宛に機械的に手紙をおくってるな、とピーンと来ました。

というのも、以前、懇意にしている不動産会社の方に聞いた話です。

大体、具体的な買主が居るわけでもないのだが、競合他社より先んじて、とにかく売主をゲットすることが不動産会社にとって大切なのである。

売主を獲得でき、あとは買い手を探して来れば、両方から手数料がもらえる。(両手取引といいます。)不動産会社としては、ダブルの手数料が入るのでおいしいのだ。

全部がそうではないと思いますが、そのような業者が居ることも事実。

よく、ポストへの投函チラシにおいても、

○○丁目の不動産を探しているお客さんが居ます!

無料査定、秘密厳守、迅速対応!

などと書かれているチラシが、郵便ポストに投函されていますが、このようなチラシも同様かと思います。

具体的な買い手が居ないと、希望している価格では売れないので気を付けましょうね!

 

■今日の教訓!

情報の真偽を見抜き、識別する能力(=メディア・リテラシー)を高めよう!

http://www.rakumachi.jp/news/archives/123444

« 2015年度の税金対策、まだ間に合います! 国の制度ゆえか知られていない「小規模企業共催制度」を使った節税について。。 | トップページ | 満室経営維持の秘訣とは。。。 不動産会社からのうれしいメール。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166599/62945519

この記事へのトラックバック一覧です: おとり広告にご用心!! メディア・リテラシーを高めよう!:

« 2015年度の税金対策、まだ間に合います! 国の制度ゆえか知られていない「小規模企業共催制度」を使った節税について。。 | トップページ | 満室経営維持の秘訣とは。。。 不動産会社からのうれしいメール。 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ