« コインパーキング(時間貸し駐車場)の運営。その裏側③ 3連ちゃん最後です。実践大家コラム恐るべし。 | トップページ | おとり広告にご用心!! メディア・リテラシーを高めよう! »

2015年度の税金対策、まだ間に合います! 国の制度ゆえか知られていない「小規模企業共催制度」を使った節税について。。

今年ももう終わりですね。あっと言うまでしたねー今年も。

先月から体調を崩し、風邪が治らない!

寄る年波には勝てないですねー。

 

入ろうか入るまいか今年初めから迷っていた、「小規模企業共済制度」にやっと先日決心して申し込みをしました。

申し込みは意外に簡単でした。申込書と確定申告書と掛金を持って、近所の銀行に行くだけです。あとは、銀行がやってくれます。

この共済制度、あまり知られていないのですが、結構すごいんです。

まず、国が主体で運営していますので、民間と比べたら安心確実です。

この共済制度に加入できる人は、従業員20人以下の個人事業主および会社の役員などで小規模企業対象です。サラリーマン大家さんは、残念ながら加入できないようです。

毎月の掛け金は、1千円~7万円の範囲内で自由に選べて、月払い、半年払い、年払いも可能です。

私は、上限の7万円を年払いにしました。なので、年額84万円を今月払い込みました。12月に申し込みが完了して入れば、今年の税金対策に間に合うからです!

そうです!この共済金の一番のメリットは何と行っても、節税です。

ナント掛け金全額が「小規模企業共催等掛金控除」として、課税所得から控除できるのです。

さすが、国の制度、気前がいいです。

民間の生命保険に大枚払って加入しても、上限10万円しか控除されません。

この共済金は、掛金上限84万円がまるまる控除されるのです。

例えば、課税所得400万円の方が、上限84万円の掛け金を支払った場合、所得税、住民税を合わせた減税額は、241,300円となります。

投資効率として、84万円の投資に対して、24万円のキャッシュを生み出すと考えると、約29%の利回りです。今の時代に驚異的ですね!

掛金は、事業を廃業したときに、退職金(退職所得扱いとなり、税制のメリット有り!)として一括で受け取っても良いですし、65歳以上で、15年以上掛金を納付した場合は、老齢給付として、年金のような感じで受け取ることも可能です。もちろん、受け取る共済金には利子が付いてきます。

 

■今日の教訓!

国主導の制度は積極的に活用してメリットを享受せよ!

(国の回し者ではありません笑) 

http://www.rakumachi.jp/news/archives/122355

« コインパーキング(時間貸し駐車場)の運営。その裏側③ 3連ちゃん最後です。実践大家コラム恐るべし。 | トップページ | おとり広告にご用心!! メディア・リテラシーを高めよう! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166599/62899852

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年度の税金対策、まだ間に合います! 国の制度ゆえか知られていない「小規模企業共催制度」を使った節税について。。:

« コインパーキング(時間貸し駐車場)の運営。その裏側③ 3連ちゃん最後です。実践大家コラム恐るべし。 | トップページ | おとり広告にご用心!! メディア・リテラシーを高めよう! »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ