« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »

持ち家を○○に建て替えるケースが増殖中!

国土交通省が発表した「住宅着工統計における再建築(建て替え)状況のa0002_000878概要」によれば、平成25年は、賃貸住宅の建て替えが非常に活発に行われた年となりました。

建て替えのために解体された住宅戸数は全部で、約7万9千戸、その跡地に再建築された戸数は、10万3千戸。つまり、2万4千戸多い住宅が出現したのです。この少子高齢化の世の中に!

利用関係別に見てみると、持ち家などは減http://www.rakumachi.jp/news/archives/98004

本当は恐いサブリースアパート経営の闇!

昨晩、何気なくテレビを見ていたら、某テレビ局にて、サブリースのアパート経営についての番組が放映がされていました。

番組の内容は、

アパートの建築の半数を占めているのが、住宅メーカーや不動産会社が提案する「*サブリース」型のアパート。

サブリースとは、要するに、アパート物件などをオーナーに建てて貰えれば、それは業者側で借り上げて、固定の家賃(例えば30年保証)を払い続けるので、リスクが少なく、アパート経営ができますよ、という仕組みです。

会社は、空き部屋があっても「30年家賃保証」するとして、 郊外の地主、老夫婦、h土地を持っている農家などにアパート建設を提案。言葉巧みに営業攻勢をかhttp://www.rakumachi.jp/news/archives/95852

〇〇年以降の物件を購入している理由とは?

こんにちは、ヒロシです。東京は五月晴れが続いていて気持ちが良いですね。それにしても2月以来の投稿です。ごぶさたです。さぼりすぎですね。ごめんなさいー。

私の投資基準において、1981年(昭和56年)に導入された新耐震基準法を満たした建物を購入するというものがあります。a0027_000903

建築申請などの期間を考えると、1983年(昭和58年)以降に完成した物件が安心です。

新耐震基準法は、震度6強以上の地震でも倒れない建物と定められ、建物のみならず、建物内にいる人の安全を確保することを目的としています。http://www.rakumachi.jp/news/?p=94992&preview=true

« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ