« 失敗しない不動産(物件)の見極め方 | トップページ | 大家事件簿 滞納からの~夜逃げ。 »

初心者が陥りやすい利回り10%のワナ

ローン金利がCFに与える影響

不動産投資初心者の方が、陥りやすいワナについてお話しします。

例えば、物件価格5,000万円で利回り10%の物件があります。この物件の家賃年収は、500万円になりますよね。

この物件を銀行からフルローンで金利4.5%の期間20年で融資を受けると、銀行へ支払う年間返済額は380万円となります。よって、CFは、500万円ー380万円=120万円(手残り)になります。月額にすると、10万円程度です。空き室が増えると、すぐにマイナスCFになりそうですね。でも、こういうのって、結構平均的な物件です。

この時、他の銀行から、低金利で融資を引けたらどうなるでしょう。仮に、金利1%で、融資期間は同じく20年とすると、年間返済額280万円になります。よって、CF220万円(手残り)になりますね。金利4.5%と比べると年間100万円の差、20年間でナント2,000万円の差になります。大きいですね。-e1349969630422

何が、言いたいかといいますと、利回り10%の物件を購入できた!と喜んでいても、そのあとの対応いかんでは、満足なCFも得られない、マイナスの可能性もあるということです。そして、ファイナンシャルアレンジhttp://www.rakumachi.jp/news/archives/44285

« 失敗しない不動産(物件)の見極め方 | トップページ | 大家事件簿 滞納からの~夜逃げ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166599/59225693

この記事へのトラックバック一覧です: 初心者が陥りやすい利回り10%のワナ :

« 失敗しない不動産(物件)の見極め方 | トップページ | 大家事件簿 滞納からの~夜逃げ。 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ